印刷方法

印刷には最適な年賀はがきを選びましょう

郵便局株式会社のお年玉付き年賀はがきを購入するときは、インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)を指定しましょう。プリントアウトしたときの仕上がりが普通の年賀はがきとは格段に違い、写真やグラフィックの精細な美しさが表現できます。

価格は普通の年賀はがきと同額の一枚52円です。インクジェット用年賀はがきとは別に写真用年賀はがきもあります。値段は10円高ですが、Wordなどで写真をテンプレートと合成して作成した場合には試す価値はありそうです。

印刷設定

印刷設定を行う前にプリンタドライバを最新にしておきましょう。プリンタドライバはメーカーのHPから最新のものを無償でインストールできます。

キャノン:インストールサービス
エプソン:ダウンロード プリンタ関連

プリンタの印刷設定はWORDや年賀状作成ソフトのメニューからでも設定できます。ソフトやPCによって違いがありますが、メニューから印刷プリントの項目を選び、印刷ダイアログボックスを表示させます。

お年玉付きインクジェット用年賀はがきを使用して「フチ無し全面印刷」する場合の設定の一例(メーカーによって違いがあります)

※「フチ無し全面印刷」とは、通常のはがき印刷時に四隅にできる5mm程度の余白を無くして、はがきいっぱいに印刷できる機能のことです

1.ファイルメニューから印刷プリントの項目を選び、       印刷プロパティ選定画面

印刷ダイアログボックスを表示させプロパティをクリックします。        
印刷ダイアログボックス画面


2.基本設定が表示されます。

用紙の種類を最適な用紙に設定します。

例:【インクジェットはがき:Canon/郵便ハガキ(インクジェット紙):Epson】

印刷品位高品位きれいに設定します。

印刷前にプレビューを表示にチェックを入れておくと、大まかな印刷位置を事前に確認できます。

Epsonの場合 四辺フチなしにチェックを入れます(機種により違う表示の場合がありますのでご注意下さい)。

Canon Epson
Canonファイル設定画面 Epsonファイル設定画面

Canonの場合 ページ設定タブに切り替えます(機種により違う表示の場合がありますのでご注意下さい)

Canon用紙サイズ設定画面Canon用紙の種類設定画面

用紙サイズはがきに設定します。

フチなし全面印刷にチェックを入れます。(OKを押すと注意画面が出ますが、そのままEnterを押して承認します)

ここまでで印刷設定は完了ですが、さらに自分好みの細かい画質を設定したい場合は特殊効果タブに切り替えて設定するか、基本設定タブの一番下にあるプリントアドバイザーをクリックして画面の指示に従って最適な設定を行うこともできます。

いずれにしても、試し刷りは必要です。いろいろに設定を変えながらテストプリントして、その結果から最適な印刷設定を見つけるのもいいでしょう。


3.キレイにプリントできない!・・・そんな時は・・・

(一番よくある例)下の画像(A)のように四隅に余裕がなく全体のレイアウトが妙に間延びして印刷されてしまう!

この場合、印刷ダイアログボックスのプロパティで、はみ出し量を調節して下さい。

画像(A)
印刷結果サンプル

Canonの場合 ページ設定タブに切り替えます。(機種により違う表示の場合がありますのでご注意下さい)

Canonページ設定

フチなし全面印刷にチェックを入れた状態で、「はみ出し量」スライダーを左に移動させてみてください

Epsonの場合 フチなし全面印刷にチェックを入れた状態で、基本設定の「はみ出し量設定」ボタンをクリックします。(機種により違う表示の場合がありますのでご注意下さい)

Epson基本設定

「はみ出し量」スライダーを「少ない」に移動させてみてください

印刷完成見本 このように全体に収まりよく印刷されます。

この例とは逆にレイアウトが中央にちまちま寄って見えるような場合には、スライダーを右に移動させて調節して下さい。注意! 「はみ出し量」をあまりにも少なく設定しすぎると、四隅に余白が生じます

試し刷り

どんなに慎重に準備をしても、いざ実際に印刷してみるとなかなか思い通りには仕上がらないものです。

レイアウトがずれてしまう、PC画面で見るのとは色がかなり違う、など、一つや二つの不満点があるのが普通だとも言えます。

近頃はプリンタが進化していて、新機種を使えば失敗は少ないと思いますが、それでも、いきなり本番の印刷にトライしてしまうのは乱暴すぎ。必ず、試し刷りをして満足のいく結果を得られてから本番に臨みましょう。

試し刷りに使う用紙は、大まかなレイアウトの確認だけなら普通紙でもいいのですが、色合いなど細部を確かめておきたいなら高品位印刷に対応した上級紙を使ってみましょう。

また、どちらにしてもはがき大のサイズに裁断して試し刷りすることを強くお奨めします。

メンテナンス

全面フチ無し印刷にする場合、年賀はがきのフチ部分がインクの染みで汚れるようなことがあります。これは、普通紙の年賀はがきを使ったときに起きることが多く、インクジェット専用はがきなら(プリンタそのものに問題がなければ)たぶん心配は要らないと思います

印刷がかすれたり、パソコン上で見たのと色がひどく違ったりする場合は、インクのノズルの目詰まりかインク切れ等が考えられます。

お使いのプリンタのマニュアルに従って対処して下さい。

ノズルの目詰まりを解消するためのヘッドクリーニングや用紙のシミ汚れを防ぐインクふき取りクリーニングは印刷ダイアログボックスのユーティリティから行えます。

プリンタのユーティリティ画面

まとめ

年賀状の印刷は一番神経を使う仕上げの作業です。年賀はがきを無駄にしないためにも、うっかりミスを極力回避しましょう。

美しくプリントされた年賀はがきをポストに投函できれば今年の締めくくりは万全です。どうぞ良いお年を!